「福音の風」  牧師 小林 和子2016年05月08日

 聖書には兄弟についての記事が、沢山あります。
その中でイエス様にであったアンデレは、その兄弟であるシモン・ペテロに「私は今日メシア(救い主)に出会った」と、最初のあかし伝道をした人でした。

 私は5人姉妹の長女です。
中学生の時、妹の次女が教会の宣教師に出会って、私を紹介してくれたのです。
自分はまだ信じていないのですが、私に伝道してくれたのです。

 私たちは伝道をするとはあまりにも難しくこうしなきゃと、決めつけて自分を縛ってはいないでしょうか?
自分が出会った素晴らしい主イエス様にしていただいたことを素直に伝えると、不思議に心を開いてくれるのかなと思います。
私にとって、この出会いが生涯を導く大事な時となりました。

 私の妹も、喜んで話してくれたのでした。
そして私をイエス様のもとに、連れて行ってくれたのでした。

 イエス・キリストに出会って恵みの福音を信じて救われたこの喜びを素直に話してみましょう。
あなたの家族に、友人に、恵みの輪が広がりますようにお祈りいたします。

ヨハネから聞いて、イエスについて行ったふたりのうちのひとりは
シモン・ペテロの兄弟アンデレであった。
彼はまず自分の兄弟シモンに出会って、言った、
「わたしたちはメシヤ(訳せば、キリスト)にいま出会った」。
そしてシモンをイエスのもとにつれてきた。
(ヨハネ1章40~42節)