「福音の風」  牧師 小林 和子2017年03月12日

「主は今からとこしえにいたるまで、あなたの出ると入るとを守られるであろう。」
(旧約聖書 詩篇 121篇8節)

 前任地からお便りがありました。「大学に合格して感謝です」という内容でした。私達も、「良かったね」と主に感謝しました。
 色々な事情で長く学校に行けずにおられました。私たちも祈りましたが、ご家族も大変なところを通られたと思います。
 3人の息子たちの高校受験も大学受験も、神様の恵みで守られた事を思い出します。牧師の家庭で、3人とも 私立の大学でした。「費用も大変でしょう」とよく言われました。
 不思議に、主の備えがあり、エンゲル係数(家計に占める食費の割合)ではなくてエンジェル係数(神さまの恵みの割合)が非常に高かったと思います。
 3月は 移動や転勤などでお忙しい方もあられるでしょう。忙しい時ほど、一つずつとしていけば終わると思い、ゆとりを持って対処していきたいものです。
 不思議に、その方が仕事が進むように思えます。これは慌て者の私の独り言です。出かけるときもすべてに神様のお導きを祈りつつみ言葉を信じて行きたいものです。