「福音の風」  牧師 小林 和子2016年08月21日

「すべての道で主を認めよ、
 そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。」
 (旧約聖書 箴言 3章6節)

 岡山はどこに行っても山の緑が絶えません。
月に2回、岡山駅で津山への電車を待っていますと、隣のホームに桃太郎線の模様入りの電車が入ってきました。
津山では因美線や姫新線の電車があったり楽しいです。

 先日テレビでローカル線の旅ということで新見駅や津山、弓削の駅が取り上げられていました。
特に津山の駅は今は改装中ですが、私はバスの待ち時間に町の方へ荷物を抱えて病院に訪問させていただいています。
何とか早い道順はないかと色々な道を模索しています。
人と自転車が通れる橋を渡ります。
そのままあるお店に入り店内を通り抜けると商店街のアーケードに出るのです。
目的の病院はその道の横に入ったところです。
日差しがきつくてたまらない日も、雨が少しぐらいならこの道はぬれないですむ快適な道なのです。

 線路も道も出発点と終点があります。
私たちの人生も、いつかは神様の御前に出る時がやって来ます。
主イエスの恵みの道を歩んでいますか。
横道で迷ったり、行き止まりの道で悩むのではなく、み言葉の光がてらしてくれる光の道を歩ませていただきましょう。