「福音の風」~香登教会での聖会に参加して~  牧師 小林 和子2016年11月13日

「愛する者たちよ。自分で復讐をしないで、むしろ、神の怒りに任せなさい。
なぜなら、
『主が言われる。復讐はわたしのすることである。わたし自身が報復する』
と書いてあるからである。
… 悪に負けてはいけない。かえって、善をもって悪に勝ちなさい。」
(新約聖書 ローマ人への手紙 12章19、21節)

10月23日の午後、備前市の香登教会の聖会に参加してきました。

今回、講師が女性であるというのです。ケイン博士という方で、ワールドホープの代表の方でした。日本の限られた社会におかれていると見逃してしまいそうな、今、世界で何が起こっているかを思い起こさせていただいたように思います。

おりしも鳥取県で大きな地震があり被害が今も広がっているような時でした。また、柵原教会での婦人会を終えてあわただしく出かけましたが、合同聖歌隊のハレルヤコーラスなどもあり、恵みの多い集会でした。

今回のケイン博士が話されたのは、今、ある世界ではこんなむごい事がと思われるような事が起こっているということです。そのような悲惨な世界にも、イエス・キリストの福音は恵みによる救いを与えて、素晴らしい平和への道があるというメッセージでした。