「福音の風」(7/16 小林和子牧師)をアップしました。2017年07月15日

福音の風 小林和子牧師

 ◇西日本ブロック教職セミナーに参加して◇

 「ところが、あるサマリヤ人が旅をしてこの人のところを通りかかり、彼を見て気の毒に思い、近寄ってきてその傷にオリーブ油とぶどう酒とを注いでほうたいをしてやり、自分の家畜に乗せ、宿屋に連れて行って介抱した。」ルカよる福音書10章33-34節
 6月12日(月)から14日(水)まで、西日本ブロック教職セミナーが「魂の配慮を考える」というテーマで、開かれました。講師は、掘 肇(はじめ)牧師で心理学者でもあります先生でした。牧会者のケアー 、また牧会配慮のケアー、そして心病む人へのケアーという内容で、大切なまた有益な学びでありました。忙しさや自分の毎日の事で追われてしまいがちな私達ですので、じっくりと学ぶ事が出来感謝でした。
 会場は四国香川県の塩江温泉にある施設でした。宿舎の側には、人工湖があり、周りを緑に囲まれた恵みの所です。 夜には湖畔に蛍の見える川があるというので、集会後、有志で出かけました。真っ暗な中でも、短い命を惜しみなく輝いているように思えました。 車で瀬戸大橋を渡り会場までの道も天気にも恵まれ美しいものでした。心や身体のために神様が備えてくださった恵みの一時でした。
 結局、倉敷教会から出発した私達が一番近くだったかもしれません、お祈りを感謝しています。