「福音の風」(10/8) をアップしました。2017年10月09日

福音の風  小林光生牧師

 「草は枯れ、花はしぼむ。しかし、われわれの神の言葉はとこしえに変ることはない」。 イザヤ40:8

 倉敷ホーリネスチャーチの二代目の牧師として1995年春から2008年の春までご奉仕された岡野智牧師をこのように伝道礼拝の説教者として迎えることができて感謝!小林光生は岡野牧師と交わりはあまりなかった。お名前も<さとし>と最初間違えてしまった。「そうじゃあない、<さとる>と読むのよ」と教えて頂いた。説教は、自分が置かれた場所、時代でイエス・キリストを紹介するものである。つまり自分の生活と関係ない話ではなくて、自分に与えられたことば、証しを通じて語るのである。またその説教を聞いてくださる方々の応答がなければ生きた説教とならない。
 小林光生は今治ホーリネス教会で説教の奉仕をさせて頂く。2年ほど前に四国に知人を訪ねたことがある。その後、このように四国で奉仕するとは思ってもみなかった。自分が置かれた場所や時代が変わっても、変わることのない聖書の約束を取り次ぐことができることを感謝したい。
 岡野智牧師は倉敷において開拓伝道者として立てられ説教をしてくださった。今四国で牧師をしておられるが、変わることのない聖書の約束、福音が説教を通じて与えられることを感謝していきたい。