「福音の風」(2019/4/7) をアップしました2019年04月07日

2019年度の教会祈祷課題を作成した。
日 小林師・和子師のために 役員のために 柵原教会のために
月 教会員(県外在住の兄姉含) 家族の救いのために
火 豪雨災害などの被災者の方々、復興のために
水 祈祷会が祝福されるように、家でも心を合わせられるように
木 新たに5名の教会員(受洗者・転会者)が与えられるよう
金 100名収容の会堂・駐車場が与えられるように
土 教会学校・客員・求道者のため 若い方々が与えられるように
 今までの祈りの課題がなんとなしに継続されているものがあるかもしれない。「100名収容の会堂・駐車場が与えられるように」ということも、ビジョンを語る会、全体会などで話し合われていくことが必要であると思う。
 今日の礼拝説教で登場するネヘミヤは、いわば信徒リーダーである。私たちの教会でも信徒リーダーと牧師(前回の説教題は「説教者エズラ」)との協力が必要である。
 そこで基本となっていくことがある。それは主からの約束を聞き従っていくことである。そして祈りである。
 ネヘミヤは城壁を再建した。そうして、ネヘミヤとエズラは共に、主からの約束を語った。「この日はわれわれの聖なる日です。憂えてはならない。主を喜ぶことはあなたがたの力です。」
  ここに、見える城壁だけなくて、礼拝においての喜びの城壁が完成したのだ。