「福音の風」(2019/6/30) をアップしました2019年06月30日

ある祈り会に出席した方に「箴言で心に残っていることば」を言ってもらった。
小林光生牧師と小林和子牧師は次を言った「あなたの行く所どこにおいても、主を認めよ。そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。」3章6節
ある女性は「主を恐れることは知識の初めである。愚かな者は知恵と訓戒をさげすむ。 1章7節
他の女性は「友はどんなときにも愛するものだ。兄弟は苦しみを分け合うために生まれる。」17章17節
ところがある結婚している男性は「争い好きで、うるさい女といるよりは、荒野に住むほうがまだましだ。」
と箴言を引用され、みんな苦笑してしまった。
先日は旧約聖書ヨブ記からメッセージで、いわば「対話劇」みたいなものであった。
今日の「箴言」であるが、鍼灸師が治療に使う<鍼>は昔中国では竹を使っていたということで<箴>が使われている。ツボに効く約束や警告のことばが書かれている。ヘブル語ではマーシャル「比較」「類比」 ということばに由来している
皆さんはどんな箴言が心に留まっておられるか。箴言の宝をもっておられるか。
 今日は「主を畏れることは知恵のはじめ」という説教題をつけた。この畏れは「恐れ」をも含むがそれ以上の意味をもっているのだ。