「福音の風」(2020/1/19) をアップしました2020年01月19日

イエスは彼に目をとめて言われた、「あなたはヨハネの子シモンである。あなたをケパ(訳せば、ペテロ)と呼ぶことにする」。ヨハネ1章42節

今日のメッセージで取り上げたアンデレの兄弟であったシモンは、「私たちは今メシアに出会った」と聞きまた手を引っ張られるかのように、主イエスのもとに連れられてきたのです。
シモンに出会った主イエスは、「あなたをペテロ(岩)と呼ぶことにする」と言われたのです。シモンはイスラエルではふつうによく使われていたそうです。ペテロとは「固い・しっかりとした」という意味を持つ名です。ペテロの物語を読むとどうしてこの名がつけられたのだろうと思います。この謎(なぞ)に答えられているのは、マタイの福音書16章15~18節です。
多くの人々はイエスキリストを「あの待ち望んでいた預言者だ」とか「エリヤ」だとか色々とうわさしていたのです。
  16章15節にそこでイエスは彼らに言われた、「それでは、あなたがたはわたしをだれと言うか」。シモン・ペテロが答えて言った、「あなたこそ、生ける神の子キリストです」。
すると、イエスは彼にむかって言われた、「バルヨナ・シモン、あなたはさいわいである。あなたにこの事をあらわしたのは、血肉ではなく、天にいますわたしの父である。
そこで、わたしもあなたに言う。「あなたはペテロである。そして、わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てよう。黄泉の力もそれに打ち勝つことはない。」と約束されたのです。主イエス様はこのペテロの信仰の告白を喜ばれたのです。
現在のローマ法王の名前で一番多いのはペテロの名前の付いた方が多いと聞きました。