「福音の風」(5/13) をアップしました2018年05月13日

 「それぞれが賜物を受けているのですから、神のさまざまな恵みの良い管理者として、その賜物を用いて、互いに仕え合いなさい。」(新改訳Ⅰペテロ4章10節)
 先週の金曜日の朝、いつものように新約聖書で通読箇所の第1ペテロの手紙を読んでいました時に心に留まったみことばです。
昨年、神さまが遣わしてくださったかのようにゴスペル讃美を学ぶ機会があり、感謝の時を持ちました。みんな個性があり違った声、歌い方であるのにみんなの心が一つになったときに素敵なハーモニーが生まれてきました。心地よい、また恵みの溢れたものでした。      
教会は本当に男性や女性、また年齢も小学生から高年齢者と多くの違いがあるのに、神さまに向かっているという点で、一つになれるのだと思わされたのです。
わたし達もそれぞれが神さまから多くの恵みの賜物を頂いています。それぞれ違っているのですが、神さまに仕え合うという一点で一つとされ、その賜物を用いて主なる神さまに仕えて合わされている時、素晴らしいハーモニーが生まれてきます。神さまの栄光がそこに表されていくのではないでしょうか?
今日は母の日ファミリー礼拝です。山脇正子牧師をお迎えして、先生に与えられたメッセージと賜物をわたし達に分けていただく良い機会が与えられることを感謝しております。