「福音の風」(7/8) をアップしました2018年07月08日

 「私の魂はあなたにすがりつき、あなたの右の手はわたしを支えられる。」詩篇63篇8節 
 わたしはこの御言葉を読みました時、ルカによる福音書に出てきます放蕩息子が帰って来た光景を思い出しました。愛する息子とはいえ、放蕩三昧で、すべてを失い。汚れ切っている息子が帰って来た時のことです。迎えてくれた父親は、??ることをせずに息子を抱いて迎えています。
 このような私たちの神さまも、愛する者が自分を慕って飛び込んできたら、しっかりと受け止めてくださるのです。この63篇でもダビデは歌っています。荒れ野をさまよわなければ生きていけない状況に合ったときも飛び込める避け所である神さま、御翼を広げて待ってい下さるお方を知っていたのです。
 私達の心の奥深くまで探り知ってくださる神さまが、味方であるならばこの大変な状態の時も支え守って下さると信じていたのです。あなたの右の手とは勝利を与えられる力のある、信頼ある御手と言う意味です。その力強い御手で支えてくださるのです。
 今は天におられる日野原医師がハイジャックという危機の時も信頼し支えて守ってくださった天の父なる神さまはあなたの味方なのです。