「福音の風 」(5/7) をアップしました。2017年05月07日

福音の風  小林和子牧師
  
 わたしは彼らおよびわが山の周囲の所々を祝福し、季節にしたがって雨を降らす。これは祝福の雨となる。」エゼキエル34章26節
 岡山県での2回目の春のを迎えて、またまた季節の美しさに、感謝しています。
山々の雪がやっと消えたら木々が色とりどりの花が咲き誇っています。
先日前任地から一家族が車で来られたので、柵原鉱山公園と、和気(わけ)藤公園に案内させていただきました。7分咲きという事でしたが、花の香りが香って見事なものでした。3歳の男の子が「男組」と「女組」に分けて写真を撮ってくれました。その写真を送ってもらったのですが、思わず微笑んでしまいます。
倉敷でも今年は藤の花がきれいに咲いています。倉敷の教会の前にも雑草かもしれれませんが、ピンクやオレンジの花が咲いています。雑草とも思えない程きれいで、他の花と一緒に共に咲いています。
神様の恵みの雨が注がれるとはなんと素晴らしいのでしょうか。私達の心にもこの主イエスの恵みの血潮が注がれたのは、私達がまだ罪人であり弱さの中にある時なのです。
イエス様の愛があなたの心にもこの恵みの雨が注がれるときっと素敵な花が咲くのではないでしょうか。