礼拝説教「巻物がついに開かれた」2021年12月12日

復活された栄光のイエス・キリストが巻物の封印を解く場面が黙示録6章に出てくる。巻物には将来の歴史の預言が書かれているのだ。ヨハネが<見た>場面が出てくる。

第1から第4の巻物の封印が解かれると色々な<馬>が登場する。<馬>は地上における色々な<力>を象徴している。

1番目は<白い馬>でこの地上での<勝利>の象徴である。

2番目は<赤い馬>であり、殺し合うような力である。

3番目は<黒い馬>であり、飢饉を象徴している。

第4番目は<青ざめた馬>で、<死に到らせる力>を象徴している。 「現在世界中を恐怖に陥れているウイルスは、青い馬だ」などと当てはめるは間違っているが、この地上の力を絶対化することなく色々な出来事の中で神のさばきへの準備をすることが必要である。

第5番目の封印が解かれると殉教者たちの叫び声を聞くのだ。「聖なる、まことなる主よ。いつまであなたは、さばくことをなさらず、また地に住む者に対して、わたしたちの血の報復をなさらないのですか」。6章10節これに対する答えが「殉教者の数が満ちる」ためであると、私たちの思いを超えた神の思いが書かれてある。

第6番の封印が解かれると地震など天変地異である。 ここで大きな問題となるのは、6章から始まる7つの巻物などの黙示(啓示)はいつの時代のことか?ということである。この時は患難時代でクリスチャンは、天に携え上げられているのではないかという解釈がある。

主イエスは 「だから、目をさましていなさい。いつの日にあなたがたの主がこられるのか、あなたがたには、わからないからである。」と言われている。マタイ24章42節